院内感染対策について

1)感染対策の方針

免疫力の低下した患者や新生児,ご高齢の方などは通常の病原微生物だけでなく,感染力の弱い細菌によっても院内感染を起こす可能性もあるため、院内感染に注意しています。
内科外科にしぐち医院は医療従事者として、常に感染症対策に高い関心と危機意識を持って取り組む努力をいたします。
安全で適切な医療を提供するため、全職員が高い意識を持ち、院内感染の防止に努めます。

 

2)具体的には

職員は常に手洗い、院内の清掃、換気、また衛生的衣服の着用を心がけるなど、院内での感染対策に高い関心を持って、日々の業務にあたります。
また、流行期には、患者間や職員―患者間で感染が発生しない様、一層の注意をもって業務にあたります。
院内感染マニュアルを院内に設置し、職員の教育に努めています

YouTube

ニュースレター

 
尼崎塚口駅前内科外科にしぐち医院のトップへ戻る